競艇のナイター競走(ナイトレース)

競艇のナイター競走(ナイトレース)

具体的に夕方~夜間の時間帯に合わせて開催される公営レース競技の開催形式の一つ。

ナイターレースあるいはナイトレースと呼ばれる。

問題点

競艇場側からは光害や騒音など周囲の環境へ影響が大きい事が懸念される。

すでに建設されていながら、住民の理解が得られなかったり、場内整備の問題のため利用され

ていない施設もある程である。

その他金融機関によって電話投票がナイターに対応していない競技場も存在する。

また、酒に酔った客の夜間の暴動やマナーの悪い客の出すゴミなどで治安上の問題点もあり

まだまだ課題が多い。

ナイター競走を開催している競艇場一覧

桐生競艇場(ドラキリュウナイター)

1997年9月20日より実施。

2011年5月より全日程ナイター開催となった。

2010年までは12月下旬から翌年3月までは昼間開催だった。

蒲郡競艇場(ムーンライトレース)

1999年7月1日より実施。

2006年3月より全日程ナイター開催となった。全公営競技を通じ、初めて全日程ナイター開催

を開始した。

2002年のボートレースメモリアルから始まったナイターSGの発祥の地がこの蒲郡である。

住之江競艇場(住之江シティーナイター)

2006年7月8日より実施。

2016年度より、年末年始開催等を除いて通年ナイター開催となる。

丸亀競艇場(まるがめブルーナイター)

2009年4月21日より実施。当初より全日程ナイター開催である。

若松競艇場(パイナップルナイター)

2004年5月1日より実施。

2008年3月より全日程ナイター開催となった。

以前は正月明けから2月までは昼間開催としていたが、この間にもナイター開催が行われた時

期もあった。

下関競艇場(海響ドリームナイター)

2017年4月1日実施開始。当初より全日程ナイター開催である。

今後実施予定のある公営競技場

大村競艇場

2018年9月実施開始予定。一度は頓挫したナイター競走計画が復活し、実行が決定した。

[PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする