川崎航渾身の勝負レース

最強の競艇予想

勝つことに拘り、絶対自信の勝負レースのみ提供。

プロ舟券師、川崎航の真価を今、ここで存分に見せる

【特別会員限定情報】として提供していきましたが、全ての方を対象に募集を行います。

是非この機会にご利用して下さい。

競艇予想の「肝」、それは「1号艇」の見極めにある

インで幅を利かせるベテラン選手が圧倒的に強い時代があったり、良いペラを持っているだけ

で勝てる時代があったりとその時代時代で強い選手の条件は違う。

持ちペラ制、スタート展示の導入や、重量制限の改正、近年では09年に待機行動のルール改正

が行われた。

このように変貌を続ける競艇だが、いついかなる時代でも変わらず言われていることは1コー

スの優位性すなわち1号艇の優位性である。

ほとんどの競艇選手は口を揃えて言う「スタート同体なら1コース艇を負かすのは困難だ」

と。

主催者、選手、そしてファンと競艇の1コース有利は誰しもが認めている事実なのである。 枠

なり進入が多くなった近年の競艇、1号艇優位の傾向はより一層強まっている。

競艇の肝は「1号艇の取捨」これにつきる。この取捨を確実に見極めることができれば、競艇

で勝ち組に回ることは実に容易いことになる。

確勝レースのみを提供、「競艇は勝てる」を証明

川崎航は今現在、その実績を評価され、au、ソフトバンクと言った大手携帯会社の公式サイ

トで全場全レースの予想を公開、競艇情報会社アーバンネットワーク直前情報取材班責任者時

代に培った経験則、確かなる情報ルートを武器に2年以上にも渡り結果を出し続けている。

全場全レース予想の中には、当然90%以上の確信を持って打った◎もあれば、逆に自信度は

50%未満と言う◎もある。

表面上は同じ◎でも前者と後者とでは決定的な違いがあるのだ。

「前者にのみ絞って勝負すれば競艇はまず負けない」と川崎航は言う。

今回は、徹底して勝ちに拘り、現在サイト上では明らかにしていない絶対の自信を持っている

レースのみを提供し「競艇は勝てる」を実証して見せる。

真の情報を掴み、「オッズの偏り」を逆手に取る。

インターネット、場外舟券売り場の拡大と一昔前に比べて大幅に舟券が買いやすくなった競艇

だが、メディア露出はいまだ少なく情報公開に関してはいまだ閉鎖的。

数少ない競艇専門誌、スポーツ新聞での取り扱い記事も少なく、競艇ファンは似たり寄ったり

の限られた情報しか手にすることができない。

そのため、ある一艇に人気が集中してしまうケースが多くオッズは異様な偏りを見せる。

整備面、機力などに不安を持った選手が1号艇という理由だけで単勝100円台の過剰人気に

なって、アッサリ飛ぶというシーンは決して珍しいことではない。

真の情報を知り、選手の技量・勝負気配、相手関係、コース特徴、機力などあらゆる条件を徹

底に調べ上げて危険な1号艇、鉄板の1号艇をキッチリ見極め「オッズの偏り」を逆手に取

る、それができるからこそ、川崎航はプロ舟券師として結果を出し続けることができるのだ。

地元競艇選手からの情報を集め、24場を完全攻略。

唯一の河川使用、日本一の難水面と言われる江戸川、逆に対岸に防風林が設置されており風の

影響をほとんど受けない日本一の静水面と言われている多摩川、通称アカギおろしと呼ばれる

強風が吹く桐生、潮の満ち干きによって競艇場内に外から水が入ったり出たりすることで独特

のうねりが発生する鳴門、福岡など24競艇場には大なり小なり特異のクセがある。

そのクセがレースに与える影響は少なくないのだ。だから、「競艇場の特徴を知る」これは競

艇で勝つための必須条件になってくる。

競艇記者時代に全国24競艇場を回り各地の地元選手からさまざまな情報を集め攻略の糸口を

探り、幾万回というレースを真剣に見てきた川崎航は各競艇場の特徴を隅々まで熟知してい

る。

だから、どこの競艇場でも2連単、3連単舟券で安定した結果を出すことができるのだ。

私、川崎航とは

大学卒業後、競艇情報会社アーバンネットワークに入社。

直前情報取材班として全国競艇場を回り、さまざまな競艇関係者との人脈を築く。

元JBC解説者や元選手などに幅広い交友関係を持っている。

2009年に賞金王決定戦優勝者を雑誌紙面上の事前公開予想で見事的中させ脚光を浴びた。

現在は、プロ舟券師として精力的に活動し、au、ソフトバンク公式サイトで予想を公開し高配

当ヒットを連発している。

[PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする