競艇展示航走とは?

展示航走とは?

本番レースの直前に、レースに出走する各レーサーが、予想の参考やボートやモーターの調子

をお客様に見てもらうために、コース取りとスタートの練習を行い、全速力でレースコースを

2周する。これが展示航走である。展示航走には、スタート展示と周回展示と呼ばれる2種類の

展示がある。

スタート展示

スタート展示とは、次のレースに出場するレーサーたちが本番のレースを想定したコース取り

とスタートを行うことである。ボートレースの場合、艇番と進入コースが異なることも少なく

ないため、予想には欠かせない直前情報になる。

スタートのタイミングが悪い(極端に遅い、または早い)選手は調子が悪い証拠かもしれませ

ん。

周回展示

展示航走ではスタート展示で全艇がスタートを切った後、「周回展示」に入っていく。周回展示

とは、主に旋回の調子や直線の走りを本番レース前にお客様に見せる展示のことで、競馬でい

えば「パドック」のようなものである。周回展示に参加しなかった艇は本番レースにも出走でき

ないため、レースに出場するレーサーは必ず2周(荒天候時は1周もある)の周回展示をするこ

とが義務付けられている。

旋回(カーブ)の際やたら膨らむ舟には賭けないほうが利口かもしれません。

[PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする