一般財団法人日本モーターボート競走会

「DYNAMITE BOAT RACE」のキャッチコピーの通り、熱く迫力のあるレースを6隻のボート

が繰り広げる競技です。

正確な判定を瞬時に行うことが求められるボートレースの審判員も、競走会の職員が行なって

います。

Run to the Future ~お客さまとともに~

【厳正かつ速やかな判断を求められる審判員、検査員】

本会は、モーターボート競走法に基づき、国土交通大臣から指定された競走実施機関として、

ボートレースを開催する施行者から委託を受けてボートレースの運営を行っています。

レースの公正・安全かつ円滑に運営する上で、審判員と検査員は大きな役割を担っています。

審判員については瞬時にレースの判定を下し、検査員はレースが始まる直前までボート・モー

ターの点検・確認を行うことで、公正・安全・円滑なレースの実施が保たれています。

そのため、本会では、審判員・検査員のプロフェショナルを目指すために、ボートレーサー養

成所(福岡県柳川市)において審判や検査業務等の研修を行っています。

月平均所定外労働時間(前年度実績) 約2.0時間(2016年度実績)

会社データ

プロフィール 昭和27年の初開催以来、全国24カ所のレース場で安定的な運営がなされています。業界の努力目標である「Run to the Future! ~お客さまとともに~」を掲げて、「ご来場いただくためのサービス」、「満足していただくためのアメニティ」、「感動していただくためのレース」、「どこにいても楽しんでいただくための環境」を柱に諸施策を推進し、お客さまの満足度向上に努めています。また、レースの収益金は、日本財団を通じて福祉事業に寄与するなど、慈善事業としての役割も担っております。
事業内容
○全国24カ所で開催されているボートレースの運営
ボートレース(競艇)は競馬、競輪等と同じく公営競技の一つであり、その売上はレースを開催する地方自治体の財源や、日本財団を通じて福祉、公益事業、国際協力事業等に活用されています。本会は、国土交通大臣より競走実施機関に指定され、ボートレースの審判・検査等の競技運営のほか、制度面では競技のルール改正をはじめ、スター選手の育成等、教育の新たな取組も行っています。

○事業目的
モーターボート競走法によるモーターボート競走の競技、選手等の登録、選手の出場のあっせん等の業務を通じて、競走の公正かつ円滑な実施を図り、併せて海事に関する事業の振興に寄与することを目的としています。

[PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする