競艇で使用されるヘルメット・ユニフォームについて

競艇選手がレースに出場する際は、下記のアイテムの着用が義務づけられています。

競艇で使用されるユニフォームについて

硬質のヘルメット(フルフェイス)

持ち込み可能品。

昔はアメリカンフットボールの様な形状のヘルメットが競艇場に備え付けにあって、艇番に

よって定められた色のものを使用していましたが、現在ではフルフェイスタイプの物になり、

殆どの選手が個人的に各々デザイン・塗装を行っています。

選手によっては、むち打ち防止用のパッドを頚部に装着します。

ユニフォーム

スタンドやテレビで観戦しているファンが、選手の区別を付けやすいよう艇番によって色が決

まっています。

また、ややキツめの蛍光カラーなのは、ユニフォームが水に濡れてしまっても視認性を良くす

る為なんだそうです。

艇番にはそれぞれ色が決められており、白、黒、赤、青、黄、緑の6色に分けられています。

■1号艇=白

■2号艇=黒

■3号艇=赤

■4号艇=青

■5号艇=黄

■6号艇=緑

救命胴衣(カポック・勝負服)

転覆や落水からの安全対策として防熱・防刃、頑丈かつ軽量な、ケブラーというアラミド繊維

が使われています。これは警察官の防刃チョッキの材質としても広く利用されている科学繊維

素材です。

救命胴衣、ボートに付けられる艇旗の色もこれに合わせられ、さらにボートのカウリングの色

も合わせられる場合があります。ユニフォームの背中の部分には番号によるボートの識別を可

能とするよう、番号札がつけられています。

長ズボン・靴

こちらもケブラー製のものが多く使用されているそうです。

プラグ

点火プラグのことを指します。

高電圧を放電させて、モーターのシリンダー内の圧縮された混合気に点火させます。

プラグも選手持ちの部品で、純正のものを競艇場で購入しています。

[PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする