レースの種類

SG、GⅠ、GⅡ、GⅢ、一般戦の、5つのグレード

レースにはいくつかのグレード(格付け)が存在する。その最高峰はSG(スペシャルグレード

レース)と呼ばれる高額賞金のレースである。このレースを走れるのは厳しい条件をクリアし

た一握りのレーサーのみとなり、まさにハイレベルな競走である。GⅠは優勝賞金が

450~1,000万円のレースで、原則としてA1級レーサーが出場でき、SGやGⅠのタイトルを取

ることが大きな勲章となっている。GⅡには秩父宮妃記念やMB大賞があり、GⅢは企業杯や

オールレディースなどがある。そして、一般戦は365日毎日、全国どこかのボートレース場で

開催されている。

SG競走

レース名 優勝賞金 主な出場資格
ボートレースクラシック 3500万円 前年優勝、グランプリ優出6名。前年のSG・G1・G2優勝者及びG3以下の優勝戦回数上位者。
ボートレースオールスター 3500万円 前年優勝、グランプリ優出6名。ファン投票上位
グランドチャンピオン 2500万円 前年優勝、グランプリ優出6名。SG優出完走者、SG予選得点上位者。
オーシャンカップ 2500万円 前年優勝、グランプリ優出6名。前年のG1、G2優勝戦得点上位者。
ボートレースメモリアル 3500万円 前年優勝、グランプリ優出6名。23ボートレース場推薦及び主催者希望。
ボートレースダービー 3500万円 前年優勝、グランプリ優出6名。年間勝率上位者。
チャレンジカップ 2500万円 10月末までの獲得賞金上位者。
グランプリ 1億円 1月1日~チャレンジカップまでの獲得賞金上位18名。
グランプリシリーズ 1600万円 グランプリ出場選手を除く、1月1日~チャレンジカップまでの獲得賞金上位者。

現在のボートレース界では、1年単位でSGシリーズが組まれている。3月のボートレースクラ

シックに始まり、ファン投票で出場レーサーが決まるボートレースオールスター、夏から秋に

かけてはオーシャンカップやボートレースダービーを戦い、年末のグランプリ出場に向けて熱

戦が繰り広げられているのである。このグランプリには、11月に行われるチャレンジカップ終

了時で獲得賞金18位までのレーサーしか出場できず、優勝者には、なんと、公営競技最高額の

賞金1億円が贈呈されるのである。

グランプリ

毎年、年末に行われるグランプリは、その年の獲得賞金上位18位までのレーサーが出場でき、

優勝者には公営競技最高額の賞金1億円が贈呈されるボートレース界の最高峰のSG競走であ

る。全レーサーは、このグランプリへの出場資格を獲得し、そこで優勝して、念願の賞金王に

なることを最大の目標としている。

ナイターレース

2017年4月時点で、「桐生ボートレース場」「蒲郡ボートレース場」「住之江ボートレース

場」「丸亀ボートレース場」「下関ボートレース場」「若松ボートレース場」の6つのボート

レース場でナイターレースが開催されている。「住之江」は一部のレースを除き通年ナイ

ター、その他の5つのボートレース場は1年中ナイターが開催されている。最近はナイター開催

のSGやGⅠレースも増えてきた。どのレーサーも、昼間はもちろん夜でもその実力を発揮でき

るようでなければ、上位に残っていくことは難しい。

クイーンズクライマックス

女子レーサーの祭典とも呼べるプレミアムGⅠ競走。当該年の1月1日からチャレンジカップ及

び、レディースチャレンジカップが終了する日までの獲得賞金上位12名の女子レーサーが出

場。優勝賞金1,000万円をめぐり、熱い戦いが繰り広げられる。

平成26年度より大晦日に開催されている。

[PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする